車買取の査定時にチェックされるポイント

車を査定する時に買取業者はどこを見て査定しているのか?買取業者によっても変わってくると思いますが、代表的な部分を今回は書いていきたいと思います。チェック項目を理解していれば、買取業者に対して自分の車をアピールすることも出来ますので知っておいて損はないはずです。

◯走行距離や年式、車種や車体の色
車種は当然ですが、年式やその車のグレード、修復歴の有無、走行距離と車体カラー。これはどこの買取業者でも確認する査定額には大きく関わってくる車の基本情報ですね。

◯オプション装備
サンルーフ、本革シート、カーナビ、アルミホイール、カーステレオなど車の価値を上げそうなポイント。エアロパーツなどを付けている方やカーオーディオを交換された方は純正品を好む方もいますので大切に保管しておくといいですね。

◯車体の傷や凹み、内装の状態
車体の傷や凹みの有無に、内装の状態についてはシミやシートの擦れ具合、車内の臭いなどが見られています。車体の傷やヘコミは直してから買取してもらうと損をしてしまうことがあるのでそのままの状態で大丈夫ですが、なるべくキレイに見せるようにしておいたほうが印象が良くなりますし、しっかり手入れをするオーナーだったんだなと思ってもらえるので車はキレイにするよう心掛けたほうが良いと思います。

◯定期点検整備記録
定期点検整備記録があると、その車の整備状況から交換時期が一目で分かります。こういったものがあると車を大切に乗るオーナーだなと判断してもらえます。

◯スペアキーなどの備品
スペアキーやスペアタイヤ、スタッドレスタイヤなどもチェックされます。あればプラス材料となりますのでとっておくようにしたほうがいいですね!

以上車買取査定時にチェックされる項目をまとめてみました!これを参考に買取業者に自分の車をアピールして高額査定をゲットしてくださいね!